憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

今さら聞けないネットビジネスの種類をまとめてみた

ネットビジネス

今さら聞けないネットビジネスの種類をまとめてみた
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ネットビジネス、正しくはインターネットビジネスですが、この言葉を聞いたことのある人はとても多いんじゃないでしょうか。

最近ではたくさんのサラリーマンや主婦、個人事業主の人が副業として取り組んでいますね。

これから始めようと思う人は何から始めていいのかわからない、そもそもネットビジネスにはどんな種類があるのか、何が楽に儲けられるのか、騙されるんじゃないか、そんなことをネットで調べてみるけど、調べれば調べるほどわけわからなくなる。。。

そんな人もきっと多いですよね。

ここではそんな人のためにネットビジネスの種類についてまとめてみました。

物販系

転売ビジネス(せどり)

もっともポピュラーで初心者でも手軽に始められるのが転売ビジネスです。
「せどり」という言葉がありますが、ざっくり言えば両者はほぼ同じ意味として考えて差し支えありません。

転売は商品を「安く仕入れて高く売る」ことで利益を売るビジネスです。

やり方としては
・ネットショップで安く仕入れてネットで高く売る
・実店舗で仕入れてネットで高く売る

実店舗や楽天市場やアマゾンなどのネットショップでは、同じ商品でも「価格差」があります。
この価格差を利用して利益を売るんですね。

■メリット
・初心者でも数万~10万円程度であればそんなに苦労することなく稼ぐことができる。
・家の不用品をメルカリやヤフオク等で販売することから始めれば、まとまった自己資金を必要としない。
・海外からの仕入れや海外への出品など、国内だけでなくグローバルでビジネスができ、将来性が高いビジネスと言える。

■デメリット
・安い売ってるショップ、高く売ってるショップを見つけるための情報をいかに入手するか、コツやノウハウが必要となる。
・大きく儲けようとすれば、それだけまとまった仕入れ資金が必要になるため、最初は小額から始めて少しずつスケールアップしていく時間が必要。

広告紹介系

アフィリエイト

いわゆる「アフィリエイト」と呼ばれるものです。
略して「アフィリ」ですね。

アフィリとは、企業の広告を企業に代わって個人がブログやメルマガ、フェイスブック等のSNSで紹介し、その広告を見た人が購買行動したときに収入が発生するというものです。

■メリット
・ほとんど自己資金を必要としない。
・文章を書いたりSNSが好きな人には向いている。

■デメリット
・黎明期と違いアフィリエイトをする人も増え、ネット広告も珍しくなくなった昨今では稼ぎにくいといわれている。
 いかに広告を見てもらい購買行動につなげるか、ノウハウが必要といってもいい。
・いい広告案件が見つかっても、企業側の都合で打ち切りになったら収入が途絶えるため、常にいい広告案件を探す必要がある。

投資系

株投資

投資系は「ビジネス」とは呼べませんが、一応ここで紹介しておきます。

まず代表的で古くからある「株投資」です。

企業が発行する株を証券取引所を通じて売買し(といっても最近はネット上での売買になります)、その差益で儲けるというものです。

企業は株を市場で売ることによって資金を調達し、投資家は株主優待券を得たり、安い時に買って高くなったら売ることでその差益を売ることができます。

■メリット
・普通に株を市場で売買するだけであれば「騙される」ことはまずない。
・数万円程度の自己資金で始めることができる。

■デメリット
・経済動向や企業の業績によって値下がりリスクがある。
・株の価格が上下するには様々な要因があるが、この要因を考えたり、チャートの動きから予測したり、利益を得続けるためには勉強やノウハウが必要。

FX

FXは、「Foreign Exchange」の略で、日本語では、「外国為替証拠金取引」といいます。
外国の通貨を売買して為替の変動で利益を得る取引です。

たとえば、1ドル100円の時にドルに両替し、1ドル110円になったときに売れば、差額の10円が利益になります。
この仕組みは株と同じですね。

国際通貨なので、ドル以外にもユーロやポンドなど様々な通貨で取引きを行うことができます。

■メリット
・株と比べて通貨ペアの数が少なく、膨大な種類から選ばなくてもよい
・1万円程度の少額から始めることができる

■デメリット
・株と同じで暴落のリスクがあり大きな損失につながる可能性がある
・国際情勢の影響を受けやすく、世界の動向を常に気にしておく必要がある(逆に言えば視野が広くなるというメリットがある)
・収益を上げ続けるためには勉強が必要

FXチャート

仮想通貨

仮想通貨を利用した稼ぎ方はいくつかありますが、最もポピュラーなのが株やFXと同じように、価格が下がったときに買い上がったときに売ることで稼ぐやり方がオーソドックスです。

ただし仮想通貨はごく最近になって出現したものであり、株やFXにはない独特のリスクも存在するので注意が必要です。

ギャンブル系

バイナリーオプション

バイナリーオプションとは、FXの取引きを元にしたもので、「一定期間が経過した後に今より価格が上がっているか下がっているか」をハイかローで予想し選択するというものです。

事前にハイかローを選択し、金額を決めてベットするだけというお手軽さも人気の理由の一つです。

■メリット
・1000円から投資することができる。
・判定時間が決まっているため、株やFXのように持ち続けることで時間の経過とともに「含み損」が膨らむことはない。

■デメリット
・ギャンブル性が強く依存症になる人もいる。
・負けが続けば損失は膨らむ。
 チャートを読み解くスキルがあればギャンブル性も弱まり負ける確率を下げることは可能。

ネットビジネス

ブックメーカー

ブックメーカーとは、イギリス政府公認のギャンブルプラットフォームです。
ブックメーカー以外にもいくつかのプラットフォームが存在します。

サッカー、野球、テニスなどのスポーツをはじめ、ありとあらゆる賭けをブックメーカーというサイト上で楽しむことができます。

日本では競馬や競輪などの一部を除いてギャンブルは禁止されていますが、ブックメーカーは海外サイトを利用するため、現行の日本の法律に直接抵触する可能性は低いものの、注意を要することは念頭に置いておいた方がいいでしょう。

■メリット
・1ドルから賭けることができ、少額から楽しめる。
・日本のJリーグやプロ野球も対象になっており、スポーツ好きにはたまらない。

■デメリット
・日本の法律に抵触する可能性がある。
・負けが続けば損失が膨らむ。
・依存症にならないよう注意が必要。

情報商材系

情報商材と一口に言っても様々です。

共通して言えることは「このノウハウを実行すれば稼げる」というように「情報に価値をつけて売る」というものです。

ここまで述べてきた転売ノウハウ、アフィリエイト、投資系ノウハウ、ギャンブル系ノウハウなど、巷で「稼げる」と言われているありとあらゆるものが「情報商材」となり得ます。

昨今の情報商材については儲からない、詐欺だ、などと悪いイメージを持つ人も少なくありませんが、「稼げる可能性がある」という点では否定はできません。

ここでは「買う立場」ではなく「売る立場」でのコラムなので、その点でいえば情報商材の本質は「初心者に向けてあなたが知っていることを教えてあげる」という気持ちで取り組めばいいと思います。

「絶対稼げる」「再現性100%」などと過激なキャッチコピーを使わず、適切なやり方で本気で取り組めば大きく稼ぐことも可能です。

■メリット
・様々な分野があり、自分の得意分野において自分よりも初心者は必ずいるので、ニーズは今後も存在する。

■デメリット
・詐欺商材や詐欺師が数多く出現したこともあり、拒否反応を示す人も増えた。
・「集客」をいかに行うかが難しい。

まとめ

いかがでしたか?

ひと口にネットビジネスといっても稼ぎ方は様々なものがありますね。

大切なことは、次から次へと手を出すのではなく、自分に合ったものを選んで長く継続することがネットで稼ぐ遠くて近い道のりです。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!