次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

2018年の超大型ICO案件 レンドロイド(LENDROID)がとんでもなく凄いワケ!

仮想通貨

2018年の超大型ICO案件 レンドロイド(LENDROID)がとんでもなく凄いワケ!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

2017年12月1日に第2期プレセールが始まった仮想通貨『レンドロイド(LENDROID)』が話題になっています。
このレンドロイドが一体どういうコインのか、怪しくないのか、本当に上場するのか、ということについて解説していきます。
その前に、ICO案件で大事な着目すべき重要ポイントについても解説します。
これはそのコインが上場するかどうか、そして上場後に価格が上場するかどうかを決める極めて重要なポイントとなりますので、レンドロイドに限らず今後のICO案件をチェックする際の参考にしていただければと思います。

ICO案件を見極めるポイント

すでにご存じの人も多いと思いますが、「仮想通貨=危ない」と思っている人の多くは「仮想通貨によって騙されたり詐欺に合うかもしれない」と漠然とした不安を持っているからです。
確かに現在までに、詐欺目的で売り出されたコインや、悪意がないにしても結果的に力が及ばず損害を出してしまったコインは非常に多くあります。

このような仮想通貨が多い中、本物を見極めるための極めて重要なポイントはいくつかありますが、以下の3つを抑えておくとよいでしょう。

・開発者や推進者が誰なのか?
・そのコインがどれだけ必要とされるか?
・技術的優位性はあるか?

これらのポイントとレンドロイドを照らし合わせて、一つずつ詳しく見ていきましょう。

開発者は誰なのか?

仮想通貨を発行するのは法定通貨と異なり誰でも可能です。
そう、誰でもできてしまうんです。
だから詐欺が後を絶たないんですね。

一方で、仮想通貨を完成するためには極めて高い技術力が必要です。
そのため、そのコインが本物かどうかは以下に着目してください。

・開発者が誰なのか、明確になっているかどうか
・その開発者は仮想通貨を開発した実績があるかどうか
・開発者だけでなく、上場させるためのプロモーション能力があるかどうか

ではレンドロイドはどうなんでしょうか。

レンドロイドの開発者はハシーブ氏とヴィグニッシュ氏です。

ハシーブ氏はビットコインATMでも有名なBitaccessの創業者で、エンジニアとしての工学修士も持っており、フィンテック業界で『最も重要なトップ100』のうちの一人です。

ヴィグニッシュ氏はBitaccessの創業メンバーであり仮想通貨の権威であるチャールズ・ホスキンソン氏と寝食を共にしてイーサリアムを開発したエンジニアで、イーサリアムの全てを知っている人物とも言えます。

ADAコインの開発だけでなく、イーサリアム開発にも大きく関わってきた二人の天才がプロジェクトに加わっているというだけでもレンドロイドには測り知れない期待感を抱かせます。

下の図はレンドロイドチームのメンバーです。

レンドロイドチーム

このように、レンドロイドの開発陣営やプロモーション陣営のメンバーは身元も明らかで開発実績も申し分ないですね。

日本におけるプロモーションは物販業界の第一人者であり、インフルエンサーとしては非常に強い影響力のある坂本よしたか氏が一手に担っています。
坂本氏は各業界に有力な人脈も多く、さらにはレンドロイドチーム コミュニティーマネージャーのタイラー氏とタッグを組んでのプロモーションは最強と言っても過言ではないですね。

レンドロイドがどれだけ必要とされるか?

なんとこのレンドロイド、ビットコインを担保にしてコインを貸し借りできてしまうんです!

こんな仮想通貨は今の世界中見渡してもどこにもありません。

すなわち、レンドロイド・トークンを保有することによって、ビットコインを手放すことなくそのビットコインを担保にして他のコインを購入したりすることが可能になるのです。

ビットコインは今後も上がり続けていくとの予測もあり、もはや金(ゴールド)と同じように保有することで資産価値のあるものになりつつあります。
他のアルトコインを買おうにもいったんビットコインを手放さないといけない。。。そんなジレンマからこのレンドロイドが解放してくれるんです。

さらに、自分自身がレンドロイドを保有していることで、他人にビットコインを担保にコインを貸して利息を受け取れます。

レンドロイド市場形成


大事なことは、新しいコインができるということが大事なのではなく、その新しいコインが必要とされていることが、本物かどうかを見極める重要なポイントとなるわけです。
なぜなら、上場しても人々に必要とされなければ、誰からも購入されず価値はどんどん下がっていきます。
その点、レンドロイドにはこれからの時代、広く世の中に必要とされる極めて重要な根拠があるのです。

レンドロイド LENDROIDの顧客

技術的優位性はあるか?

コインを貸し借りするために必要な要件として、安全に、確実に、スピーディーにデジタルの世界で自動的に処理を行う必要があるのですが、これを実現しているのが「スマートコントラクト」という技術になります。
実はこのスマートコントラクト、イーサリアムに使われている技術なんです。
ただ、イーサリアムはコインの貸し借りができる機能は持っていません。
そして現時点でコインを貸し借りできるようなコインは世界中を見渡しても存在していません。
レンドロイドが唯一無二の存在なんです。

ところでレンドロイドは、イーサリアムの開発者が開発していると上述しました。
つまり、イーサリアムを知り尽くした技術者が、イーサリアムに使われている技術をさらに強化し、コインの貸し借りを実現できるようにしたコインなのです。
そしてイーサリアムはもはや時価総額第2位に入る時価総額を持った、世界中の誰もが認めるコインです。

レンドロイドの技術的な優位性がいかにすごいかがわかりますよね。

LENDROIDレンドロイドの独自技術

販売スケジュール

レンドロイドを手にするためにはレンドロイド内に存在するレンドロイド・サポート・トークン(LST)を購入します。
このLSTの発行上限は全世界で60億LSTと定められています。
なお、ICO時には24億LSTを販売予定で、日本でのプレセール時の販売量および販売スケジュールは以下となります。

第1期プレセール:2017年11月1日~2017年11月30日(終了)
         販売LST:4億円
         販売価格:$0.030/LST

第2期プレセール:2017年12月1日~2018年1月31日
         販売LST:6億円
         販売価格:$0.032/LST

一般公開:2018年秋

購入価格

最低購入金額は1口 1,000ドルです。

「ドル」と書くと途端にハードルが高くなる気がしますが、そこはご安心ください。
日本円で銀行振り込みできますよ。
その場合は1ドル=120円で計算されるため、1口1,000ドルを申し込む場合は12万円を振り込む必要があります。

1口以上の場合は、以下の中から選べます。

3口:3,000ドル(36万円)
5口:5,000ドル(60万円)
10口:10,000ドル(120万円)
30口:30,000ドル(360万円)
50口:50,000ドル(600万円)
100口:100,000ドル(1200万円)

入手方法

レンドロイドをプレセール期間中に入手するには紹介が必要となりますが、紹介者がいない場合は下の申し込みリンクから申し込みが可能となっています。

やり方はとってもカンタン。

1.申し込みリンクから申し込みサイトを開き、必要事項を記入し送信する
2.希望する振り込み方法で入金する

振り込み方法は銀行振込みかビットコイン決済の2パターンしかありません。
クレジットカードはお使いになれませんのでご注意ください。

レンドロイドのまとめ

・個人が企業へお金を貸して利息が得られる
・保有しておきたい暗号通貨を担保に、低利息でお金を借りられる
・ICO市場や暗号通貨の運用市場が伸びていくにつれ、レンドロイドの需要が増していく
・レンドロイドという配当のある株を保有していることと同じ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!