自由な人生を手に入れる教科書

取引所で仮想通貨を買ってはいけない!?

仮想通貨

取引所で仮想通貨を買ってはいけない!?
  • 自由な人生を手に入れる教科書
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

■仮想通貨で稼ぐってどういうこと?

まず、「仮想通貨、仮想通貨っていうけど、仮想通貨で儲けるってどういうこと?」
と思っている初心者の方はこちらの記事を参考にしてくださいね。
仮想通貨で儲ける4つの稼ぎ方がわかりますよ。

これ以外にも、「仮想通貨を手に入れて持っておく」だけでもいいですね。
仮想通貨の価格は上下しますが、長期的に見ればまだまだ全体的に上がっていくので、目先で値を下げたとしてもそのまま保有しておくことで将来的に資産形成が可能になります。

■なにはともあれ仮想通貨を手に入れる

「トレードで稼ぐ」「仮想通貨を保有しておく」ためには、
まずは肝心の仮想通貨を手に入れる必要があります。

仮想通貨を手に入れる方法はいくつかありますが、最もポピュラーなやり方として「取引所で仮想通貨を買う」という方法があります。

なお、仮想通貨を「買う」と言いますが、日本円をドルやユーロに交換する場合に「両替する」とも言うことがありますね。
これは法定通貨同士でよく使われる表現ですが、仮想通貨といえど「通貨」なのですから「日本円を仮想通貨に両替する」と表現しても問題ないことになります。
ですが、ここでは「仮想通貨を買う」という表現に統一することにします。

取引所の種類

代表的な取引所にはいくつかあります。
国内
・bitFlyer(ビットフライヤー)
・Coincheck(コインチェック)
・Zaif(ザイフ)
・BTC BOX
など

海外
・Bittrex(ビットトレックス)
・Poloniex(ポロニエックス)
・Kraken(クラーケン)
など

これらの取引所の違いはたとえば、
 ・取り扱っている仮想通貨の種類
 ・手数料
  -日本円の入出金手数料
  -仮想通貨の売買手数料
  -送受信の手数料
 ・最小購入単位
などがそれぞれで異なっており、気にする人はよく調べてみる必要があります。

現物取引と証拠金取引

上述した取引所は現物取引を行います。
現物取引とは、その時の時価で仮想通貨を買うことです。

たとえば、ある日時のビットコインの価格が、
1BTC(ビットコイン)=100万円
だとすると、0.1BTCを買いたいときは10万円を支払うことになります。

このとき、口座に手数料含めて10万円以上ないと買うことができません。

これに対し、証拠金取引は手元の資金が10万円に満たなくても買うことができてしまうのです(レバレッジ取引つまり仮想通貨のFX)。
さらには買いから入るのではなく、売りから入ることもできます。

仮想通貨のFXができる業者

国内業者のうち、仮想通貨FXができる金融庁登録業者が以下となります。
・GMOコイン
・bitFlyer
・QUOINEX(コイン)
・BITPoint(ビットポイント)
このうち、GMOコインはいわゆる「取引所」とは異なっています。
どういうことか、GMOコインを例に見てみましょう。

■仮想通貨FX業者と取引所の違い

GMOコインと取引所との違い

取引所の場合、表示されている価格を見て成行注文すると、思っていた価格より少し高い価格で約定してしまう場合があります。
これは、一番安い価格で売りに出されている数量は常に変動しているからなんですね。

一方で、GMOコインでビットコインを売買した場合には提示されている価格で売買が成立します(ただしレバレッジ取引の場合は差異が生じる場合があります)。

そのため、「自分の意図した価格で取引したい」と考える方にとって利用しやすいサービスとなっています。

■で、仮想通貨はどこで買ったらいいの?

これまで見てきたように仮想通貨を手に入れるには、

取引所で買う方法仮想通貨FX業者で買う方法があります。

ビットコインを買うなら取引所ではなく仮想通貨FX業者である「GMOコイン」が特にオススメです。


それと、意外と見落としがちなのが「手数料」。
ここでは割愛しますが、GMOコインは手数料の面でもとってもおトクです。
それに加え、GMOコインはインターネット大手のGMOインターネット(東証一部上場企業)のグループなので安心できますね。

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録