自由な人生を手に入れる教科書

初心者が知っておくべき仮想通貨の盗難リスクとは

仮想通貨

初心者が知っておくべき仮想通貨の盗難リスクとは
  • 自由な人生を手に入れる教科書
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

仮想通貨を保有する人が増えてきました。
中にはICOでまとまった資産を築いた人も多いと思います。
でもその仮想通貨を取引所に預けっぱなしだったり、専用ウォレットに入れっぱなしだったりしませんか?
実は仮想通貨をネット上に保管したままだと盗まれるリスクが大きいんです。
せっかく増やした資産をしっかり守るための対策にも十分気を付ける必要があります。

■盗まれるリスクとは

仮想通貨を巡っては2014年、当時世界最大の取引所だったマウントゴックスが約480億円の消失を発表しました。
2017年には韓国の取引所ユービットがハッキング被害にあって破産申請にまで追い込まれ、最近ではコインチェックの不正流出事件は記憶に新しいことでしょう。

仮想通貨は公開鍵と秘密鍵のペアでアドレスを管理するのですが、秘密鍵は絶対に第三者に知られてはいけません。
わかりやすくたとえて言うなら、公開鍵は銀行口座番号や口座名義などで、秘密鍵がパスワードと考えるとわかりやすいでしょう。
口座番号は必要に応じて第三者から送金してもらう際に相手に教えたりしますが、これだけでは口座預金が不正に引き出される心配はありません。
でもパスワードが漏れてしまうと口座から誰でもお金を引き出せてしまいます。
コインチェックの不正流出ではこの秘密鍵がハッキングされたことでネムというコインが盗難にあってしまったのです。
個人で仮想通貨を保有する場合、「この秘密鍵をどこに保存するか」が問題になります。
すなわちこの秘密鍵の保管場所がウォレットであって、ウォレットを管理する場所や種類に注意を払う必要があるということです。

仮想通貨 盗難 リスク 鍵

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

■ウォレットの保管場所

保管場所にはいろいろあります。
1.インターネット上
2.インターネット接続できる自分のPC
3.スマートフォン
4.ハードウォレット
5.紙

これらのうち、1~3はインターネット上にあるためホットウォレットといい、4と5はインターネットに接続していない状態で保管するためコールドウォレットと呼ばれます。
安全面から言えば、4と5のように常時ネットに接続していない状態で保管するのが安全です。
また、取引所の口座に預けてある状態は1のインターネット上に保管されている状態に該当します。
取引所ごとに盗難に備えて安全面に配慮されているとはいえ、盗難リスクはつきものだということは念頭に置いておきましょう。

■ウォレットの種類について

こちらの記事ではウォレットの種類について述べ、さらに初心者がハードウォレットを選ぶ際の着目点を紹介しています。

1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法