自由な人生を手に入れる教科書

仮想通貨 優良ICO案件の見抜き方 10のチェックポイント

仮想通貨

仮想通貨 優良ICO案件の見抜き方 10のチェックポイント
  • 自由な人生を手に入れる教科書
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

2018年になり、実に様々なICO案件が増えてきました。
ほとんど毎日のように新規オファーが飛び込んできます。
そのたびに、
「爆上げが期待できます!」
「○月に取引所に上場が確定してます!」
「絶対に損しません!」

などの謳い文句に誘われて 「もしかしたら稼げるかも!」 とか 「この人がいうなら間違いない」 とか、
根拠もないままきちんと調べもせずに大事な資金を投じていませんか?

潤沢な資金がある人はともかく、大半の人はお金持ちになる夢を見てなけなしのお金を投じてるのではないでしょうか。
でもちょっと待ってください。
あなたが大切な資金を投じようとしているそのICO案件は、本当に投資するに値する価値のある仮想通貨でしょうか。

そもそも基本に立ち返ってよく考えてみてください。
ICOはその仮想通貨の理念や意義を理解し、実現に向けて資金的援助をすることで、その対価として仮想通貨(トークン)を上場価格より格安で手に入れるというものです。
ところがここ最近の風潮として、目先の利益に目がくらみ、いつの間にか儲けることしか頭にない人が増えてきたように感じます。
確かに仮想通貨は投資先としては魅力的なのは間違いないですが、大切なことはその仮想通貨が世の中にとって本当に価値のあるものかどうかを見極めなくてはいけません。

とはいうものの、プレセールの段階で情報も時間も限られている中、本物の仮想通貨を見抜くのは至難の業です。

ここでは、優良なICO案件を見抜く際のポイントとして10個のチェックポイントを挙げてみました。
すべての情報を入手するのは難しいかもしれませんが、このチェックポイントに従ってできるだけ多くの情報を集めることが重要です。

■優良案件を見抜く10のチェックポイント

1.開発者(グループ)が誰なのか?

開発者が明らかにされているICO案件は実はそれほど多くありません。それだけに、もし明らかにされていたとしたらそれだけでも期待が持てるといっても過言ではありません。もし公表されていたとしたら過去の実績もチェックしてみましょう。

2.その仮想通貨がどれだけ必要とされるか?

これが最も重要なポイントとなります。世界中の誰もがほしいと思う理由があるかどうかはしっかり調べてください。
そのコインによって、今よりも格段に便利になる、困っている人を助けることができる、新しいコトが実現できるようになる等、内容は様々です。
日本だけでなく世界的に見て、そのコインが必要とされるかどうかをしっかりチェックしてください。

単なる思い込みだけでなく、客観的に俯瞰することが重要です。

3.技術的優位性はあるか?

既に市場に出回っているコインと同じようなものでは存在価値がありません。ほかに容易にマネされないような技術であったりオリジナリティを持っているかどうかをチェックしてください。

4.マーケティング力はあるか?

そのコインが成功するかどうかはプロモーションの成否に関わってくるといっても過言ではありません。
しかも一時だけのものではなく、市場に対する新しい仕掛けや新機能の追加など、将来にわたりプロモーションし続けられるだけの実力や影響力があるかがポイントです。これは5項にも関係しますが、どのような企業や団体が推進しているかにもよります。
ただし、募集広告において実態よりもよく見せようとか、誇張表現していないかなどの観点でも見る癖をつけてください。

5.参加企業や団体はどこか?

大企業や世界的有力者が協賛していたり、プロモーション活動や各種支援をしているかどうか注目してください。上場してしまえは資金は必要なくなるかというとそうではなく、機能追加やマーケティングなど莫大な資金が将来にわたって必要となります。
やはりいいコインがいいコインであり続けるためには資金力がものをいうのです。
ただし、一つだけ注意が必要な点があります。
それは、有名人や芸能人を広告塔にしていないかどうかです。ICOの際に資金を集めるために有名人や芸能人のネームバリューを利用することは最近増えてきました。それ自体は悪いことではありませんが、一過性のものであっては長続きしないということです。

仮想通貨 ICO チェックポイント

6.日本の代理店をしっかり調べよう

国内でのプロモーションや募集、応募者の管理、サポート等を開発元との契約に基づき履行するのが「代理店」です。

「代理店」には2通りあります。
一つは運営元の団体もしくは企業で、事務局と呼ばれたりします。
もう一つはICO案件の紹介権限を与えられたり、アフィリエイトする資格を与えられた人たちです。この人たちも代理店と呼ばれることがありますが、これらの人たちは運営する権限はありませんので、正確には代理店ではありません。
ここでは前者について述べることにします。
ほとんどのICO案件が海外のものばかりなのですが、中には日本の代理店やインフルエンサー(影響力の大きい業界の有名人など)が推進する場合は少なくありません。
その場合は、代理店の運営元である会社に着目してください。会社の登記を調べれば、怪しいかどうかある程度見分けがつきます。
これまでの例を見ていくと、「ICO初期には代理店がサポートしていたはずが、いつの間にか撤退していた」といったケースがよくあります。
その場合は、自分自身で英語サイトにアクセスして情報を拾いに行ったり、諸々の手続きを自分でしなければなりません。

7.インフラを整備するところまで視野に入れているか

3月に上場したノアコインの例を見ると、フィリピン側でATMで入出金できるようにしたり、日本国内で日本円と換金を容易にしたり、そういったインフラ整備にも余念がありません。
たとえいいコインであってもそれを使うのに不便だとやがて使われなくなります。コイン自体だけでなく、利便性の追及やインフラ整備も開発しているかどうかもチェックしてください。

8.法規制やコンプライアンスを遵守しているか?

最低限でもKYC(身元確認)の実施は必要です。住所氏名だけでなく顔写真付きの身分証明書の提出などの手続きを実施しないままコインを配布するような案件は疑ったほうがいいでしょう。
なお、このKYCというのは膨大な作業を要するだけに、当初のスケジュールが大幅に遅れる傾向にあるようです。大幅に遅れることで不安になり「騙された」とか「これは詐欺だ」などと思うかもしれません。たしかにスケジュールを遅らせることはよくないことですが、それだけコンプライアンスを重視しているとも言えます。

9.TGE案件かどうか?

TGEとは「Token Generating Event」のことで、トークン生成イベントと呼ばれています。
資金調達の仕組みや方法は通常のICOと同じですが、異なる点は有力な投資会社が調達資金も使用目的、法的な問題、流通の仕組みや利用方法などについて審査し、有望な仮想通貨を選別した上で、資金調達の場を設けるのです。
したがって、TGE案件では通常のICO案件に比べてはるかに信頼性が高くなるのです。
今後もし、TGE案件を見つけたら安心して投資していきましょう。ただし、これも100%安心かといえばそうではなく、投資に絶対はありませんのでリスクが存在することは念頭に置いておく必要はあります。

10.将来に向けたロードマップがあるか

仮想通貨は上場したら終わりではなく、将来にわたり持続的に人々に使われ続けていくようにしなくてはなりません。
そのためには上場後も新しい機能を追加(アップデート)したり、そのコインがより便利に使えるようなインフラ整備をし続けていく必要があります。
それらのロードマップを明確にしているかどうかは重要な観点です。

■これらの情報をどうやって手に入れるか?

まず最低限やるべきことは必ずやってほしいのはホワイトペーパーを熟読することです。ホワイトペーパーはいわば開発企画書のようなものです。
この中でプロジェクトの概要、技術的な解説、理念、ロードマップ、メンバー、市場における価値などが記述されています。ホワイトペーパーをしっかり読むだけでも上にあげたチェックポイントのいくつかは把握できます。

ICO案件をネットで検索すると様々な情報を入手することができます。

ネガティブな意見も多いですが、主観的な意見は参考程度にとどめ、客観的事実に基づいて自分で情報を整理することが重要です。
また、開発元や団体のWebサイトは必ずチェックしてください。他には開発者や海外の運営団体のツイッターやFacebookもチェックするといいでしょう。セミナーが開催されるなら会場に足を運んで自分の目と耳で確認することも大切です。

海外サイトが多く英語を読まなければなりませんが、グーグル翻訳など利用すればある程度理解することはできます。

実は国内では詐欺扱いされているものでも、海外では絶賛されていたりすることがよくあります。逆もまたしかりです。日本人が発信する情報だけでなく、海外サイトもしっかりチェックしてください。

■11番目のチェックポイントとは?

SNSなどでは上場する前から「あれば詐欺だ」「あなたは騙されている」などといったネガティブな発言が非常に目立ちます。
その良し悪しは別として、最も重要なポイントとしては正しい根拠に基づいて自分で判断し、意思決定をすることです。そして一度意思決定して投資したなら周囲が何を言おうと自分の判断を信じることです。そうしないとネガティブ発言に触れるたびに自分の中で不安がどんどん大きくなりうろたえることになってしまいます。
これはなにもICOに限らずどの投資案件にも言えることです。
11番目のチェックポイントは「自分の判断を信じられるかどうかです。そのために上記のチェックポイントはしっかりチェックしてください。

【PR】この記事は『Dreamers』で書いてます

ただいま無料会員募集中

この記事はキュレーションブログツール「Dreamers」で作成しています。
HTML、CSS等の専門知識がなくてもワンクリックで稼げるブログやサイトが永久無料で作れます。
この記事程度なら「トレンド記事作成機能」を使えば数分程度で書けちゃいますよ。
全くの素人でも最先端の綺麗で稼げるサイトが簡単に構築できます。
副業時代に最も適した最強のシステム「Dreamers」で貴方もお小遣い稼ぎしちゃいましょう。

【PR】すでにブログやアフィリエイトをされている方向け

ダイヤモンド・ミリオネア・クラブに入会することで、次世代型キュレーションブログシステム「Dreamers」を使って記事が書けるだけでなく、高収入案件の紹介を受けたり、読者の爆発的増殖ツールを使う権利が得られます。
さらにはアフィリエイトだけでなく、インターネットを使った稼ぎ方全般についての知識を基礎から体系的に学ぶことができます。
興味がある方はこちらへ

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法